自宅に墓を建てることはできる?

「自宅に墓を建てることはできるか」という疑問については、結論からいうと出来ないとされています。墓地・埋葬等に関する法律「墓埋法」によって、自宅の庭などにお墓を建設することは禁じられているからです。

しかしそれでも、死者を弔う気持ちを持っていて、出来るだけ身近なところにいつも故人を感じていたいという人もいるかと思います。特にお墓をお参りにいく時間がない方やお墓が遠方にある方などは、そうした思いが強いのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、「手元供養」と呼ばれる方法です。自宅に墓を造ることができなくても手元供養であれば室内にお墓として持っておけます。ご自宅で骨壷を石棺の中へ保管したり、遺骨の一部を容器に入れて自宅の仏壇や仏間に飾り、参拝ができる方法です。

一度お墓を造ってしまうと、参拝のためにそこまで移動しなければなりません。また、お墓の保存のためお彼岸やお盆などの休みを利用して墓石を洗ったり掃除に行く必要も出てきます。しかし、現代社会に暮らす私たちはなかなかお墓参りに行く時間が取れないということもあります。なので、ご遺骨の一部でも自宅に保管しておける手元供養はとても人気があります。

手元供養をするためには、仏事を専門に執り行っている企業や業者に依頼し、相談すると良いでしょう。お骨の保管方法などとあわせて手元供養の具体的な方法についてお話を聞くことができます。既にお骨を永代供養して納めており、その一部を頂いて手元に保管しているという方については、遺骨をそのまま容器に保管しておくか、あるいは遺骨をペンダントに入れたり加工することもできます。

この「遺骨アクセサリー」については、個人のご遺骨の一部をペンダントの中に入れておいたり、アクセサリーの素材として使ったり、炭素を抽出してダイヤモンドとして生まれ変わらせるものなど、故人をより身近に感じられるアイテムが多数登場しています。今までの既成概念にとらわれない新たな参拝方法として、こちらも合わせて検討されてみると良いのではないでしょうか。