「永代供養墓」とは

死後の埋葬方法として最近人気の「永代供養墓」は、お寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれるお墓のことです。子供がいないご夫婦や、子供がいてもお墓を守れないような場合におすすめの埋葬方法です。自分以外の方と同じお墓、あるいは同じ納骨室に遺骨が安置されることから、合祀墓・合同墓・合葬墓・共同墓などとさまざまな名称で呼ばれています。

永代供養墓の一式料金はお寺によってまちまちのようです。一式10万円と比較的安価な永代供養墓もあれば、100万円以上する設備の整った高級なタイプもあります。施設の内部に安置するのではなく、土に埋めるタイプの合同葬であれば1体につきいくらと決まっており、お骨を一定期間で安置するタイプは30万円から50万円くらいが平均的な金額と言われています。これらの合同葬は一式料金を一度支払っておけばその後の管理料やお布施代、寄付金などはかかりません。

合同葬が普通のお墓と違うところは、その人が亡くなったあと家族や親せき、知人がお墓参りに来る必要がなく、お寺側で責任を持って永代供養と管理をしてくれるというところです。基本的に墓石代はかかりませんし、墓地の使用料も安く済むなど金額が抑えられることが特徴で、お墓にはそんなにこだわらないという方や経済的余裕がなく埋葬などに費用を割けないという方には特におすすめです。

永代供養墓の納骨方法は最初から遺骨を骨壷から出し、まとめて土に還す「合祀」、一定期間納骨壇や納骨用の棚に骨壷のままお骨を安置しておいて、その後合祀するタイプ、お骨を分けて一部は安置し、分けた片方のお骨は合祀するというタイプなどに分かれます。土に埋葬されても毎年のお彼岸やお盆にはちゃんと合同供養をして貰えるので、供養を欠かさないという点でとても安心できる方法ではないかと思います。

お金がかからないというだけでなく、永代にわたってちゃんと供養してもらえるので、永代供養墓はこれからますます需要が増えるのではないかと言われています。