こだわりのお墓にしたい方へ

分家などをして新しくお墓を造ろうと思ったとき、せっかくならこだわりを持ってお墓を造ってもらいたいですよね。自分の子から孫へと代々受け継がれていく財産でもありますから、外観にしろお墓の形式にしろ、なんでもいいというわけにはいきません。デザイン面でも機能面でもこだわりを持って、出来るだけ長く残しておけるお墓にしたいもの。そのためには、これだけは外せないというポイントをしっかり絞り込んでおくことが大切です。

そこで今回は、こだわりを持ってお墓を選ぶ際のポイントを以下にまとめてみました。

価格

使用する石の種類や量、オリジナルデザインに加工したり細かな装飾を施すか否か、またお墓を建てる場所の整地についてもその都度費用はかかりますから、お墓を購入するにあたって価格は外せないポイントです。

デザイン性

お墓というと角柱の石をまず思い出しますが、その家ならではのオリジナリティあふれるものにするならばデザインにもこだわってみましょう。墓所のメインとなる墓石から、それを囲う外柵、花立などの小物まで一つのコンセプトの元に造り上げてバランスの整ったお墓にしても良いですし、雰囲気を出すため彫刻にこだわるというのも一つの方法です。お墓の形に合った彫刻や後世に残したいメッセージなどを入れても良いと思います。

耐震性、耐久性

頻繁に起こる地震や台風などの自然災害に耐えられるよう、倒れにくい構造や丁寧な基礎工事はお墓を建てるうえで欠かすことができません。墓石は一度倒れたら元の場所に起こしたり、壊れた部分の修理費用や他のお墓を傷つけたりして余分に費用がかかるなどいろいろな問題が発生します。壊れにくく傷みにくいお墓を造っておけば後々も安心していられます。

機能性

誰もがお参りしやすく見た目にも美しい墓所というのは、何度でも訪れたいと思わせてくれるものです。その他にも子供や孫が手入れしやすく、花を飾ったりお供えものを置きやすい機能的なお墓にしてあげると良いでしょう。