子供がいない場合のお墓について

少子化や未婚化が進み、子供がいないご家庭や、独身のまま一生を終える方も徐々に増えてきています。将来お墓を守ってくれる人がいないという場合の選択肢として、自分の死後は一体どのようにすれば良いのでしょうか。

まず、お墓を持っている場合について考えてみます。自分は独身だけれども長男であるという場合は、お墓を整理することが必要となります。自分よりあとの代が続かない以上お墓を守ることはできませんので、墓所は整地し、先代のお骨は永代供養をお願いするなどの方法を取るのが良いでしょう。

もしもお墓をそのまま放置しておくと、残されたお墓は「無縁仏」となり誰も参拝するものが訪れない寂しい場所になってしまいますから、きちんと整備を進めることが大切です。もしも墓所が複数ある場合は、一ヶ所にまとめるなどしなければなりません。先代に許可が取れている場合は海や山へ埋葬する自然葬なども候補に入れられますし、両親の遺骨などは手元供養もできますので検討してみて下さい。

まだお墓を持っていない場合については、供養代を前払いすることで自分自身の遺骨をずっと管理して貰える「永代供養」や、自分自身と似た境遇の人々の骨が一ヶ所に集まる「共同墓」、骨ごと自然に還る「自然葬」などを検討すると良いでしょう。これらはすべて将来的に無縁になる方におすすめです。

「無縁」というとちょっと聞こえが悪いようにも思えますが、死んでからもお寺で定期的に供養して貰えるというのはとても心強いものですし、あるいはお墓という枠にとらわれず自然に還っていく方法を取るのもまた素敵な埋葬ではないかと思います。

将来的にも、こうした形態の埋葬はさらに増えていくものと思われます。お墓を持っていないからといって悲観するのではなく、あくまで自分ならどのように埋葬されたいか、どの方法なら迷惑がかからないか、など現実的な部分を中心にしてプランを検討されることをお勧めします。