分家墓の必要性について

「分家」とは、一家の次男や三男が本家から独立し、新しく家族をつくることを言います。分家の際には、元あるお墓や仏壇なども本家とは別のもとして新しく造らなければなりません。新しく独立し家族を持ったからには、お子さんやさらにその後に続く子供たちが代々入ることのできるお墓を持っておくことが必要で、場所や規模などにこだわる必要はありませんが、どこかに一つ「分家墓」を持っておくと、後々まで安心です。

ご自身が次男や三男で新しく分家として独立していても、子供がいないのであれば実家のお墓に入ることはできます。これは、長男が「入ってもいい」と許可してくれればお墓に入ることができるもので、そのお墓の使用権を持つ者の認可さえあれば実は誰でもお墓に入ることができるのです。なので、「うちは長男が許可してくれているから自分の墓は造らない」と考えている人もいるかもしれません。しかし、自分たちは良くても子供やそれ以降の代の子まで代々長男の墓を使用するのには少々無理があります。したがって、分家の墓はやはり必要になってくるといえます。

分家の初代は墓を造るにあたってまずご先祖様に感謝をし、墓を建立してご先祖様を供養しなければなりません。これは必須ではありませんが、家がずっと繁栄していくことを望むならば今一度先代に感謝をして、今後の繁栄を見守ってもらう必要があります。また、分家墓ということで自分の実家以外に妻や子供、孫にもきちんとお墓の事を説明し、万が一自分が死んだあともしっかり守っていくようにと話し合いをする必要があります。

お墓は自分が死んでからもなお存在し続けるものですが、守ってくれる人がいなくなればいずれそのお墓は「要らないもの」として墓石が撤去・処分され、墓所は元通りきれいに整地されてしまいます。そうした後々のこともよく考えて、お墓を持つ時期や継承する相手を決めておき、よく話し合いをされておくと良いでしょう。