墓は不要という場合

近年「葬儀」のあり方についての考え方が段々と変わってきています。自分の死後、お墓に入るのか、それともお墓ではない埋葬方法を取るかなど、既存の固定概念にとらわれない人が増えてきています。 少子高齢化や未婚者の増加によって、せっかくお墓を建てても守ってくれる人がいないならばお墓には入らない方が良い、という考えが浸透しつつあるようです。

お墓に代わる葬送方法として広まりつつあるのが、山や海などの自然に埋葬される「自然葬」です。自然葬の方法としてはまず遺骨を粉末化し、それらを海や山に撒いて散骨します。なかでも人気があるのは海に散骨をする「海洋散骨」です。

そもそも散骨には、個人散骨・合同散骨・代理散骨といろいろな種類があります。

個人散骨は、一家族がクルーザーなどの船を貸し切って沖へ出ていき、散骨することです。他人が乗り合わせないのでプライベートな散骨が可能になります。

合同散骨とは、いくつかの家族が同じ船に乗って散骨を行う方法です。いわゆる「乗り合い」形式でお金がかからないことが特徴です。

代理散骨は、散骨を実施している業者に頼んでゼロから全て行ってもらうことです。時間がない方や遠方住まいの方、船に乗れない事情をお持ちの方が主に利用されています。

そして、これらの海洋散骨を行う場合にも、最低限以下のルールを守って散骨する必要があります。

  • 遺骨は粉末化する(してもらう):ほとんどの場合業者によって粉末化して貰えます。
  • 海岸付近を避けて沖に出る:これもほとんどの場合沖で散骨すると決まっています。
  • 養魚場・養殖場、航路を避ける
  • 海にまける素材を用いる:自然に還らない素材を使うことはNGです。

お墓に入らないという選択は故人がくだしたものですので問題はありません。ですが、自然に還すのはその故人ではなく子供や兄弟、親せきなどです。誰もがきちんとルールを守って散骨すれば、きちんと海に還すことができ、素晴らしい散骨になるのではないでしょうか。