お墓には誰が入れる?

お墓の購入で気になることといえば、「誰が入れるのか」という問題があると思います。実は法律ではお墓に入れる人についての明確な決まりはなく、お墓の使用権を持つ者が認めれば誰でも入れてよいということになっています。しかしながら日本の伝統的慣習では、お墓はその持ち主とその家族に限られており、他人を入れることは難しい状況にあります。

また、結婚して戸籍が新しくなった方は、本家と別にしてお墓を建てるのが一般的とそこから、お墓には入れるものの範囲は、永代使用権者の家族だけとするのが一般的になってきています。独立した人が元の家のお墓に入れるかどうかについては、以下のような場合が考えられます。

次男もしくは三男

お墓がない次男や三男は通常自分専用のお墓を建てるものと考えられていますが、たとえ戸籍が別であっても本家のお墓に入ることができます。ただし結婚している場合は自分の家のお墓を建てるべきと考えられています。

次男もしくは三男で、かつお墓を守ってくれる人がいない

結婚して自分の家庭を持っているけれど跡継ぎがいないという場合は、長男の承諾を得れば本家のお墓に入ることができます。

後継ぎのいない次男もしくは三男の妻の場合

妻はふつう姓が変わった場合夫のお墓に入ります。しかし配偶者と同じお墓は嫌だ、相手の家の墓は嫌だと思うケースも有り得ます。

どうしても実家のお墓に入りたいという場合には夫の家に相談をして認めてもらい、かつ自分の家の墓の使用権を持つ人にも認められなければいけません。結婚した女性というのは一度自分の家から離れている扱いなので、実家であっても必ず許可を取るようにしなければなりません。

こうしてみるとお墓に入れる人というのは非常に限られた人のみが入れるということになりますが、お墓の使用権を持っている人が許可すれば入れるというのは一定の決まりです。自分のお墓を持つか、実家の墓に入るか今一度考えてみると良いかもしれません。