お墓は誰が買うもの?

「お墓」は先祖代々長男によって受け継がれるものというイメージがあり、実際日本ではほとんどの家庭がその習慣にしたがっています。しかし長男以外の次男や三男、もしくはお墓を最初から持っていない方については自分が将来入るお墓を買っておく必要があります。

散骨や永代供養を申込む場合はお墓の必要はありませんが、家庭を持って子供が生まれたら、子供も入れるお墓を購入する必要性が出てくると思います。特に子供のなかに男の子がいる場合は、長男としてその子自身も入ることができるので購入の手間をかけずに済みます。

今は流動的な世の中であり、将来どこに住むか分からない不安もあるため、本当にお墓を買って良いものか迷う方も少なくないのではないでしょうか。しかし、子供のために、さらにはその孫のために「残す」という意味においてはお墓は家と同じくらい大切な買い物であるといえます。家とお墓は似ているもので、どちらも眠る場所として共通しています。もしも自分自身が亡くなってからどこにも入る場所がなければ、それを探すのは子供や孫たちであり、場合によっては親戚や知人などに頼まなければならない可能性もあります。

お墓を購入する意味は人によってもさまざまな意見に分かれると思いますが、自分が亡くなってから誰にも迷惑をかけたくない、という場合はお墓を買っておいた方が良いかもしれません。お墓だとお金がかかるので永代供養にしたい、という意見も聞かれますが、永代供養は大体において共同型の合同葬であるため、なんとなく他の人と一緒に埋葬されることに抵抗を感じる方もいるでしょう。やはり住宅と同じようにそれぞれの「家」を意識した埋葬を望むのであれば、きちんとしたお墓が必要になってきます。

今は墓石にもいろいろなデザインや価格帯のものが登場しており、埋葬場所も好きなところを選ぶことができます。子供たちに残すため、あるいは自分も含めてその家の人間が続けて入ることができるお墓を、是非検討してみて下さい。