墓参りの基本について

お墓参りをする主な時期については、基本的に仏教の形式に基づいて決められています。神道やキリスト教、それ以外の宗教についてはそれぞれ細かな取り決めがありますから、そちらに従うようにしてください。

お墓参りそのものには特定の日付が定められているわけではなく、いつお参りに行っても一向に構いません。ですが、お墓参りの時期については以下のようなものがあります。

  • 命日
  • 祥月命日
  • お盆
  • お彼岸

よく知られたものにはお盆とお彼岸がありますが、まずお盆については7月もしくは8月の13日から4日間の期間と決められています。地方によっても月が違うので、確認をしておいた方が良いでしょう。命日と祥月命日については、法要を修することと同時にお墓参りにも行く事が多いです。

お墓参りについて

お墓参りは、通常のお線香やローソク、御供え物に加えて故人を弔う意味も込めてお墓の掃除を行ってあげるのが基本とされています。自宅からローソクなどを持参しなくても、霊園などで購入できることも多いので周到に準備する必要はないかもしれません。

墓地に入る前に、ご本堂の前で一礼をします。お寺の所有する墓地では、お参りの前に本堂、本尊にお参りをするようにします。そして手を浄めるために軽く洗い、手桶に水を汲んでおきます。お墓の前についてからはまず一礼し、ついで、故人に対して合掌をします。

合掌のあとはお墓とその周りの掃除をします。完璧に掃除する必要はありませんが、雑草が生えていたり余計なゴミが墓石に付着しているような場合は取り除いてあげましょう。

お墓をきれいにしてから、用意してきたお線香やお花を供えます。まれにお酒を墓石にかける方がいますが、汚れの原因になることもあるので、水に留めておいた方が良いでしょう。お花はそのまま供えておけますが、食べ物などはいったん供えてから持ち帰るようにします。(腐ったり、動物に荒らされるのを防ぐため)。

一年に数回しかないお墓参りの機会ですから、最低限のマナーを守りつつ、気持ちの良いお参りにしたいものですね。