お墓を売りたいと思ったら

すでに参拝者がいなくなり、まったく手つかずの状態になってしまったお墓というのはとても悲しいものです。しかし、経済的な問題や遠隔地に住んでいるなどの諸事情でお墓を手放すケースというのは近年増えてきており、これからもお墓離れはますます進むのではないかという噂もあるようです。

遺骨の管理放棄も含めて墓石を売却したいという方は、まずお墓の建っている土地については霊園やお寺に返却します。遺骨は永代供養塔などに収めるなどして、お寺に管理をしてもらいます。

ここで問題となる「墓石」については、たとえどんなに高価な石を使っていてもすでに特定の家族によって利用されているものなので、他の家族に売って再利用してもらうことは出来ません。なので、要らなくなったという場合は新たに費用を支払って石を処分して貰うのが一般的な方法です。

また、土地だけ余分に持っていてまだお墓が建っていない状態で売りに出したいと思った時は、墓地の土地所有権を有しているかどうか、そして所有権登記を行っているかどうかを確認します。使用権しか持っていない場合売買はできませんが、所有権を持っているなら売買によってその権利を売る、つまりお墓を売ることが可能となっています。

お墓は一生に一度の高価な買い物であり、先代から引き継いだものは最後まで責任を持って所有していなければなりません。よほどの事情がある限り、要らなくなったから、もしくはお金が欲しいからといって簡単に人に譲ったり、捨てることはできません。

誰も入っていないお墓なら問題は少なくて済みますが、ほとんどのお墓には先祖代々からのご遺骨が入っているものですので、永代供養を頼む場合は一体いくら、と決められている料金を人数分支払わなければなりません。

次のお墓が建つために更地にするにも費用がかかりますから、費用以外のいろいろな手順についてもよく調べ、すべて納得したうえでお墓を手放すようにしたいものです。