お墓にも種類がある

墓地では、様々な種類やデザインの墓石が見られます。必ずしも四角形の角柱型であるとは限らず、デザインに凝ったものから宗教色が出ているものまでそれぞれです。

和型墓石

よくある角柱の形状をした石が台座の上に乗っているものですが、これは仏教の概念に基づいて設計されているものです。なんとなくどっしりと構えているようなイメージで、安定感があり日本人にもっとも好まれています。角柱部分の形状には、蓮の花をモチーフとした蓮華型や豪華な大名型、水はけをよくするため傾斜がつけられている水垂加工などデザインが色々あります。

神道式墓石

角柱部分の先端が錐の形をしているもので、神道を信仰していた故人のお墓になります。神社には墓地がないので、埋葬は通常通り霊園やお寺の墓地になります。

五輪塔

四角形の台座が三連積み上げられた上に丸い球体、さらにその上に屋根が載せられているもので、オリジナリティに溢れる墓石です。デザイン性が高いようでいて日本では非常に歴史が古く、平安時代に弘法大師が五行思想を元に考案したものと言われています。仏教(特に真言宗)を信仰する方のお墓となっています。

オリジナル墓石

故人が生前から好きだったモチーフや象徴をかたどった個性あふれる墓石です。デザインはあくまで自由ですので、キティちゃんやピカチュウなど人気のキャラクターを墓石にすることもできます。こだわりを持って墓石を選びたい、自分らしいお墓を造りたいという方には特におすすめです。

洋型墓石

欧米の墓地に多くみられる、横に少し長い長方形を用いた墓石です。地面に埋め込むプレート型なども洋型墓石に含まれます。見た目にも安定感があり、メッセージや彫刻を自由に入れられるという自由度の高さもあって最近人気が高まっています。洋型の場合、オリジナルデザインとして四角形以外にも角を丸くさせたり、オブジェやモニュメント的にアレンジを加えることも比較的自由にできます。