お墓の移動方法とは

故郷から自分の家の近くの墓地に家族代々のお墓を移動(改葬)したり、あるいは全国に点在しているお墓を一つにまとめるケースなどが近年増えてきています。確かに、お墓はいくつもあるとお参りに行くのも大変ですし、一つにまとめておいたり、自分の家からすぐ行ける場所の方が安心もできると思います。

お墓の移動に関しては、役所への届け出や法要が必要になります。なので、前もってどのような手続きを踏まなければならないかよく確認しておく必要があります。

お墓の移動に必要な手続きとしては、まず今までお墓があった霊園やお寺へ行き、移動の理由などを話したのち承諾を得なければなりません。こちらに権利があるとはいっても、土地は霊園やお寺のものですので、勝手に引っ越しの手続きを進めることはできません。

墓地管理者から承諾を得たあとは「埋葬(納骨)証明書」を発行してもらい、移動先のお墓の管理者から「受入証明書」を発行してもらいます。

そして、今までのお墓があった市区町村役場の戸籍係または市民課に受入証明書と埋葬証明書とともに「改葬許可申請書」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。証明書や書類ばかりで面倒な手続きに思われますが、最終的に改装許可証を提出しなければお墓を建てることができません。

ついで、いよいよお墓の解体からお骨の移動に入ります。まずは僧侶によって「魂抜き」の供養を修して貰いますが、これによってお墓から初めて遺骨を抜くことができるようになります。取り出された遺骨はお寺で一時預かりとなり、その間に墓石が解体され、墓が建つ前の状態にきれいに土地が整地されます。最後に、改装許可証を出したあとお墓の建設に入ります。お墓が出来たあと、再び移動先の僧侶によって開眼法要を修して貰い、遺骨を入れます。

お墓の移動は、移動前と移動後の霊園(お寺)を行き来することとなり、お墓の解体や建設費用もかかるため、時間にもお金にも余裕がある時にしっかりと準備を整えて行うことが大切です。