お墓を相続するときの心構え

お墓を相続する時の心構えとしては、まず遺言書などにしたがうことが重要です。お墓を継ぐことに関しての明確な規定というものはありませんから、各家庭の取り決めが基本的なものになります。

兄弟のうち誰でもお墓を継ぐことはできますが、日本のほとんどの家庭では長男が代々お墓を継ぐことが習慣となっており、固有の文化を形成しています。そのため、お墓を継ぐにあたって自分が長男であるか、また次男以降の場合でも長男が死亡した際は引き継ぎ手続きが発生する場合もありますので、お墓の相続についてあらかじめ知っておく必要があります。

相続について

墓地の管理者に相続する者が墓地使用者変更届または納骨壇変更届を提出し、名義変更手数料を支払います。その際必要な書類は、以下のようなものです。

  • 墓地使用者変更届または納骨壇変更届
  • 墓地使用許可証の原本
  • 戸籍謄本
  • 新使用者の住民票(本籍が記載されたもの)
  • 家系図

これらの書類は、お墓の使用者が亡くなり新しく使用者が変わる場合と、まだ生きている使用者が事情によって申し立てを行い、新しく使用者を指定する場合の両方のケースで必要となります。手続きの詳細については、市役所や役場などで問い合わせすることができます。

また、相続に必要となる「遺言書」についてですが、これは口頭であっても生前にちゃんと遺言がのこされていれば成立するので、必ずしも書面が必要というわけではありません。

もしも諸事情によってお墓を相続することが不可能となった場合は、お墓を守ることができそうな親族の誰かに頼むようにするか、もしくは永代供養料を支払ってお寺に任せるなどの方法を取ることが一般的です。

お墓や仏壇、仏具の相続については、誰も相続したがらないというケースもよくあります。親族間で相続について話し合いが難しくなった場合は家庭裁判所での話し合いに持ちこまれますので、やはりお墓の所有者が生きているうちから色々な取り決めをしておいた方が確実といえるのではないでしょうか。